一流品、最高級品と呼ばれるグッズの魅力と通販情報をご紹介

後藤純男画伯の日本画

後藤純男画伯の日本画

後藤純男画伯は、四季折々の美しい日本の風景をみずみずしい情感とともに描く日本画家として知られています。特に奈良の斑鳩(いかるが)・法起寺(ほっきじ)の三重塔をモチーフに、詩情あふれる筆致で描いた「塔映(とうえい)―雪・月・花―」三部作は、後藤純男画伯の代表作のひとつとなっています。
(※リトグラフ作品が、通販で購入できます。)

※この商品は楽天市場で取り扱っています。画像または商品名をクリックされますと、商品を販売しているショップに移動し、詳細をご覧になることができます。

【後藤純男画伯について】
後藤純男画伯は、1930年に真言宗無量寺院住職の次男として千葉県に生まれました。 16歳で山本丘人に師事、のち田中青坪のもとで日本画を修業しました。1952年に院展に初入選の他、日本美術院賞、大観賞、内閣総理大臣賞などを受賞しています。

1986年には、「江南水路の朝」で内閣総理大臣賞受賞。1988年、東京藝術大学教授就任。2005年には、旭日小綬章を受章しています。
1997年に開館した北海道の「後藤純男美術館」では、代表的大作から珠玉の小品まで約50点を展示しています。

後藤純男美術館
所在地:北海道空知郡上富良野町東4線北26号
アクセス:JR上富良野駅より車で5分


後藤純男画伯の日本画 通販情報

後藤純男画伯の日本画(肉筆画またはリトグラフ)は、楽天市場及びヤフーショッピングで購入することが可能です。ご購入の際は、それぞれのショップのサイトにて詳細をご確認の上、購入手続きをお取りください。

◆後藤純男画伯の作品一覧(楽天市場)

◆後藤純男画伯の作品一覧(ヤフーショッピング)



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional