一流品、最高級品と呼ばれるグッズの魅力と通販情報をご紹介

加賀友禅の着物

加賀友禅の着物

加賀友禅(かがゆうぜん)は、花鳥・山水などをモチーフに描かれた美しい模様染めで、国の指定伝統工芸品となっています。加賀友禅は、よく京友禅と比較されますが、華やかな図案調の京友禅に比べて、しっとりとした武家風の気品と落ち着きがある絵画調で、日本のみならず、海外にも多くのファンがいます。

また、淡青単彩調の京友禅に比べ、加賀友禅は「臙脂(えんじ)・黄土・藍・草・古代紫」の加賀五彩を基調とする多彩調なため、奥深い絵画風の表現が可能になっています。

葉や花のぼかしは、外側から内側へと薄くぼかしていく「先ぼかし」の技法が用いられ、「虫食い」の表現でアクセントをつけています。模様のふちどりのように使われる「糸目糊」という技法では、水で洗い流したのち草花の葉脈や水の流れのような繊細な白い線が浮かび上がりますが、それが加賀友禅の魅力のひとつとなっています。
加賀友禅は、訪問着、色留袖、黒留袖などが人気となっています。

※楽天市場で取り扱い中の加賀友禅の着物を表示しています。画像または商品名をクリックされますと、商品を販売しているショップに移動し、詳細をご覧になることができます。


【加賀友禅の歴史】
加賀友禅は、約500年前に行われていた「梅染」が起源とされています。17世紀の中頃には、加賀御国染と呼ばれる兼房染や色絵、色絵紋の技法が確立されますが、江戸中期に京友禅の創始者といわれる絵師宮崎友禅斎が金沢に移住し、気候風土に合わせて改良確立したのが、現在の加賀友禅です。


加賀友禅 通販情報

加賀友禅の着物は、ヤフーショッピング及び楽天市場で購入することが可能です。ご購入の際は、それぞれのショップのサイトにて詳細をご確認の上、購入手続きをお取りください。

◆加賀友禅の着物一覧(ヤフーショッピング)

◆加賀友禅の着物一覧(楽天市場)



powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional